旅人の旅日記

バイク・青春18きっぷの旅諸々の旅の記録

気になっていた飯田線に乗り、秘境駅に驚く

朝6時にホテルを出た、寒い。寒いので1本早い電車に乗り、塩尻駅を目指す。塩尻駅から岡谷駅を目指した。岡谷駅で、昔から気になっていた飯田線に乗り入れた、電車には高校のサッカー部の生徒が多かった、今日は日曜日、試合でもあるのだろう?伊那福岡駅行きの電車だったけど、朝ご飯を求めて伊那駅で途中下車した、しかし、駅前には何も無い、朝からやっている食堂を探したけど何も無い。仕方ないので伊那の街を散策した。市内を流れる川の水は綺麗で、川烏が数羽飛んでいたり、水の中に潜ったりしていた。朝ご飯を食べて2時間ぐらい時間が潰せると思ったけど本当に何も無い、ファーストフード店も無い。予定より1時間早い電車で飯田駅に向かった。伊那散策で身体は冷え切っていた。飯田駅の横に、夏にツーリングで行った「新京亭」というラーメン屋さんが有る事を思い出し飯田駅に着いて直ぐ新京亭に向かった、腹ペコだ。夏に新京亭に来た時はラーメンと炒飯を頼んだのだが、量が多くて腹一杯になり過ぎて味もよく覚えていなかった。11時30分くらいに店に入った混み過ぎという事もなく、入り口近くのカウンター席にすぐに座れた。今回はワンタン麺のみを頼んだ。やっぱり麺の量が多い、平麺で少し柔らかめ。スープを飲む、冷え切った身体に染み渡る。夏に来た時は味が薄い気がしたと思ったけど、丁度良い塩加減、一気にズルズルと食べた。周りのお客さんを見ると、ワンタン麺を頼んでいる人が多い。飯田駅に着く前の伊那大島駅の手前で鷹(オオタカ?鳶では無い事は分かるんだけど)が数秒間電車と並んで飛んでくれた、距離は電車から3〜4メートル、はっきりと目も見えた、見つめ合った?鷹の目はまんまるでカッコ良くかつ、可愛い。この日電車の中から見えた動物は、雉か山鳥の雌・天竜川のヤマセミ天竜川の淀みに群れていたオシドリ・電車と一緒に飛んでくれた鷹。鹿や猪は見れなかった。本長篠駅から乗って来た関東から来たと思われる高齢御婦人方にまたまた閉口、これみよがしの関東弁には参った、普通に話す関東弁なら何も問題は無いんだけど。飯田線はカーブが多く尚且つ山肌に接して走っている為速度が遅い。飯田線の駅には、絶対人なんか居ないだろう、家なんか有るはず無いだろうという場所に駅が幾つかあった、何の目的があって駅を作ったのだろうか?駅のすぐ近くに温泉があった、温泉入りたいと思いバイクで飯田から浜松まで走ってみたいとこの時思った。次の年に実行した。しかし、バイクで行っても中々手強い道だった、途中で国道が無くなった。飯田線の電車の車内アナウンスはかなり方言が強くて殆ど聞き取れなかったのだが、途中下車する気もなかったし、時刻表も持っていたので問題はなかった。方言を聞くと旅をしてるなぁと思うほっこりする瞬間だ。飯田駅から豊橋駅迄4時間くらいの電車旅、用事があるか、好きじゃないと乗らないだろうなぁ、っとネットを見たら飯田線秘境駅ツアーみたいなのが結構あるんだ、とビックリ。豊橋駅に着くと快速電車がいたので乗車すると名古屋迄30分程だった。今回の電車旅は電車の連絡がうまく行きすぎて途中下車の少ない旅になってしまった。

 

ラーメン 飯田駅そば 新京亭 営業中