旅人の旅日記

バイク・青春18きっぷの旅諸々の旅の記録

再びの会津旅 初青春18切符のたび

朝7時に自宅を出発、池袋駅発7時30分の宇都宮行きの電車に乗る、大宮駅までは座れなかった。9時15分に宇都宮駅に着いた、宇都宮駅で下野山菜弁当700円と缶ビール300円で朝飯、宇都宮駅から見える山々はもう雪化粧をしていた、12月も半ば当然か。宇都宮近くまで電車の向きによっては冠雪した富士山を見ることができた、こんなところで富士山を見れた事に驚いた。バイクに乗れない冬、暇つぶしに始めた青春18切符の旅は今も続いている。宇都宮・黒磯・郡山と電車を乗り継ぎ12時54分会津若松に着いた。電車の中では本でも読もうと思っていたが、酔っぱらい3人組がうるさくて読めなかった。会津若松手前の猪苗代湖では凄い霧が出ていた。会津若松駅に降りて当てもなくぶらぶら散策。造り酒屋や和蝋燭の店など見て回った。今日の宿の駅前フジグランドホテルには15時に到着。会津散策中に冷たい雨に降られた。晩御飯は前回バイクで来た時に行った焼き鳥屋天竜に行った、肉大きめの焼き鳥と飛露喜他日本酒3合で4,000円。締めは、会津駅の駅蕎麦屋でかけ蕎麦を食べた。ホテル併設の温泉に入って良い気分で眠った。冬の北国には日常を超えた魅力がある。雪が降るとなお良いのだがこの日は雪が降ることは無かった。

 

駅弁 宇都宮駅 下野山菜弁当  

駅そば 会津若松駅