旅人の旅日記

バイク・青春18きっぷの旅諸々の旅の記録

能登半島へ向かう

能登半島へ行く前に知り合いと姫路のステーキハウスで焼肉弁当をいただく。その時は姫路のでケンカ祭りの話題で盛り上がる。女子はこの日はスカートで祭りに行ってはいけないらしい。その日は津市の知り合いの家でお世話になる予定。次の日の朝5時30分起床、6時に出発。能登半島へのルートは、岐阜県を抜けて福井県九頭竜湖、金沢、能登半島へ。この日は台風が心配されたが順調に走る。車も少なく快調快調。今晩の宿の、民宿 かね八に到着したのは午後4時過ぎ。一っ風呂浴びて夕食に。夕食には1人に1匹カニが付いていたのでビックリ。イカのトンビ(イカのクチバシ近辺の身)のいしる漬けも美味かった。タラの白子の入った鍋も有り大満足。しかし、夕食を食べようとしたその時、ぐらぐらと大きく宿が揺れた。この時は今まで通り1番揺れたのではないかと思うような地震。合計3回大きく揺れた。皆んなバイクが倒れてないか、見に外に出た。バイクは無事だったが、中越での大地震だった。そんな事とはつゆ知らず、地酒をカパカパやり、皆んな10時前に就寝。民宿 かね八は創業180年の宿。次の日は、午前6時に起床。今日は朝から珠洲へ向かう、どうしても珠洲焼きが欲しかったので。珠洲へ行く途中、真脇遺跡に立ち寄ったが公園になっていて遺跡は全て埋めたとの事で遺跡は見れなかった。珠洲焼き館で、珠洲焼きのでコーヒーカップ、徳利、ぐい呑みを買った、合計13,125円也。徳利は中に焼いた時の灰が入っており、中々なくならないので花瓶として使っている。珠洲からひたすら自宅を目指す。途中先日の地震の為通行止めになっている所が何ヶ所かあった。この日の走行キロ数は、800キロ。

 

宿 民宿かね八 現在も営業してます。古民家的な宿です。 宿の前はすぐ港、この時はサヨリの群れが泳いでました。

 

土産 珠洲焼き 珠洲焼き館 現在も営業してます。