旅人の旅日記

バイク・青春18きっぷの旅諸々の旅の記録

春はイルカと芸術鑑賞 後編

経ヶ岬を後に、知人の開催している個展を見る為に京都府網野町木津に有る「丹後の地酒屋 松栄屋」に向かった。今、偽装高級蟹で話題の間人の手前の道を左に折れて網野町に向かった。前から思っていたのだが、何故間人の松葉蟹だけ群を抜いて高いのか?絡繰が…

春はイルカと芸術鑑賞 前編

2024年3月30日(土)知り合いが、京都府網野町の木津温泉近くの「丹後の地酒屋 松栄屋」の2階で「浮世絵美人画&龍神画」の個展を開催するというので、土産を持って冷やかしがてら見に行った。この日は良い天気、2024年度BMW K1200Sの初乗りと洒落込むことに…

鳥取市喫茶ベニ屋で念願のカツカレーを食す

12月8日(金)二日酔いで目覚めた。6時30分に朝食をお願いしてあった。朝食の後に女将さんが抹茶を点ててくれた。抹茶の嗜み方のご指導も。この日の宿 旅館 寺津屋は、宿泊代・ビール代・日本酒代・ウーロン茶代込みで12,570円だった。天気は晴れ、暖かい。…

神無月、神々の集まる神社参拝を誓う

続き 大田市駅からは雌三瓶・雄三瓶の夫婦山、三瓶山が青空を背にどっしりと存在感を出していた。三瓶山には、娘が未だ小学生の頃、何も計画もせずドライブついでに登って酷い目にあった。飲料水も持たずに登ったので2人とも干涸びる寸前だった。山頂でカッ…

津和野から松江に向かう 浜田駅周辺

12月7日(木)朝5時に目覚めた。この日の朝食は、鯵の開きの焼き物、ひじきと竹輪の煮物、サラダ、ベーコンエッグ、青菜と大根おろし、ご飯に味噌汁。昨日の晩御飯もしっかり食べてお腹一杯だったのに、朝食もご飯のおかわりまでして綺麗に平らげた。7時30分に…

津和野、わかさぎの宿大満足。あと不思議な話し

続き 宿に戻ってきた。平日のせいか、泊客はどうも私1人のよう。晩御飯前に先ずはひとっ風呂、昼に湯田温泉で温泉に入ったからもういいかとも思ったけど、少し冷えた身体を温める為に入ることにした。最初は身体が冷えていたので熱さを我慢して入ったけど、…

津和野で高校生カップルに道を聞き、太鼓谷稲荷神社で懺悔する

続き 津和野駅から宿まで1.3キロ、ぶらぶら宿の方に歩いていると赤い鳥居の山の上の神社が近づいてきた。参道と思われる入り口の鳥居も見えて来た。本日泊まる「わかさぎの宿」に入って、女将さんに、荷物を置いて直ぐに山の上の神社に行きたいと伝えた。神…

山口県 湯田温泉に入り津和野を目指す

12月6日(水)広島駅発6時58分の岩国駅行きの列車に乗る為に6時前にホテルを出た。未だ頭の上に月が輝いており、辺りは真っ暗。駅まで20分くらいと読んでいたら、道を1本間違って40分かかってしまった、途中焦って小走りになり汗までかいた。岩…

広島のラーメン屋で親子世界デビュー 後編

2023年12月5日 広島駅に到着。とりあえず今日の宿のワシントンホテル迄歩く事にした。1999年から10年間、広島市中区に住んでいた、土地勘もあるはず。ネットで広島ワシントンホテルを検索すると、パルコの横にある?私が住んでいた頃のワシントンホテルは平…

広島のラーメン屋で親子世界デビュー 前編

12月5日(火)朝のラッシュと学生さんの通学時間を避けてホテルを出た。朝ご飯は岡山駅の1・2番線のホーム手前にあった「吉備」という駅そば屋で、そばの自販機の1番上の、ボタンの面積の1番広い「きんぴら肉そば」640円を食べた。味はそこそこ、きんぴら牛…

岡山へ、会社時代の後輩と岡山の夜を呑む

2023年12月4日(月)朝6時に家を出発。城崎温泉駅行きの列車に乗るはずだったのだが、駅手前の踏切で信号待ちをしている前を私が乗るであろう城崎温泉駅行きの列車が通って行った。やってしまった。時間を間違えたか、今日のスケジュールが崩壊する。めっちゃ…

谷山浩子さんのカントリーガールについて

昨日から谷山浩子さんのLPを何枚か聴いていた。「眠れない夜のために」というレコードの中の「カントリーガール」を聴いた時、聞き覚えの無い歌詞が有る事に気付いた。そう言えば、カントリーガールには4番の歌詞が有るという事を何かで読んだような気もした…

三重県津市で久しぶりの鰻を堪能

11月5日(日) 5時30に温泉に入る、天気は曇り。朝食は7時30分に食堂に入った。二日酔いのため紀州名物の茶粥と梅干し3個で朝食は終了、3,000円の元は全く取れない。ホテルを出て、もう一度墓を参りたいという嫁のリクエストに応えた。帰りは大阪回りではなく…

続き 和歌山県新宮市の神倉神社へ

11月4日(土)この日の日の出は6時15分ころ。ホテルの温泉は朝5時から開いている、5時に温泉に入って一休みしてから朝日を見ようと思った。露天風呂から大島の方向を見ると微かに空が橙色になっているのが分かった。5時50分、部屋に帰って朝日を見ようとカー…

能登半島に寄せて

金沢市の隣りにある津幡町には30年以上前に津幡温泉の一軒宿に泊まった、この時は中型バイクの免許を取って暫くしてからのバイクツーリングだった。おそらく、このツーリングが宿泊を伴うツーリングの始まりだったと思う。2023年奥の細道ツーリングで津幡町…

和歌山県串本へ

2023年11月3日(金) 明日和歌山県串本町で法事が有り、久しぶりに訪ねる事になった。3連休の初日なので渋滞が心配だったけど、この日は串本に着ければいいので自宅を9時過ぎに出発した。心配したほどの大渋滞は無かったけど、やっぱり高速道路も大阪市内、和…

続き 福井県おおい町 若州一滴文庫訪問

9月24日 若州一滴文庫の存在はかなり前、30年以上前から知っていた、水上勉さんが作った施設である事も。ずっと気にはなっていたが訪ねるのは今回が初めて。訪ねてみて驚いた。木造のとても立派な建物が幾つか建っていた、手入れも行き届いていた。日曜日の…

若狭彦神社・若狭姫神社・秋の鯖街道を走る

2023年9月24日(日) 前日、バイト仲間達との飲み会の為実家に泊まった。朝食後、ホンダのCRF250Lでツーリングに出発、天気は晴れ。目的地は福井県小浜市にある、「若狭彦神社」「若狭姫神社」。この2つのお社はセットで参拝するのが望ましいらしい。私の記憶…

白山比咩神社参拝 富山からの帰り

2023年8月1日(火)何時ものように朝5時に起きてホテルの温泉に行く、平日なのでサラリーマン風のお客が多い。昨日と同じように暖かい湯に浸かって水風呂に入る。この風呂の水風呂は氷で冷やしているのではないかと思う程冷たい。一度入ってしまえばなんて事…

富山の夜、富山湾の幸食べ尽くす

続き。本日の宿に向かう。「富山ドーミイン 劔の湯」というホテル。最初に訪ねたホテルは本日泊まるホテルの高級版で、受付でやんわりとこの先にあるホテルが貴方の宿泊施設で、当ホテルではないと言われた。ホテルに着いたのは14時頃、部屋には入れないだろ…

富山ブラックラーメンの裏事情を知る

2023年7月31日(月) 朝から晴れ。バイクで自宅を7時に出発。舞鶴若狭自動車道で今庄インターチェンジを目指そうと思ったが、燃料が少なかったので地道で小浜インターチェンジまで走り、燃費補給して高速で今庄インターチェンジを目指した。今庄インターチェン…

市振の関・津幡 倶利伽羅峠・那谷寺 奥の細道ツーリングパート2

(続き)2023年6月14日親不知観光ホテルを出て目指したのは「市振の関」、芭蕉はここで「1つ家に遊女も寝たり萩と月」という艶っぽい句を詠んでいる。しかし、これもフィクションだ!というのが一般的な説である。この句の中で詠まれている「一つ家」という…

親不知海岸で翡翠?を拾う。

2023年6月14日(水)朝4時30分起床、5時に親不知観光ホテルの下にある海岸に行ってみた。曇り空で時折霧のような雨が降っていた。ホテルから結構急な坂道を下る、行きは良いが帰りの坂道を思うとゲンナリする。海岸に着くと辺り一面、波で角が削られた丸い石ば…

親不知に泊まる 奥の細道ツーリングパート2

6月13日(火)続き。親不知・市振の関に行く途中に、鬼舞・鬼伏という、鬼にまつわる地名があった。私としては、鬼は大好きでシンパシーも感じる。この国の鬼というのは、当時の権力者にまつろわぬ人々に対する権力側の呼び方であると私は理解している。調べ…

奥の細道ツーリング パート2 新潟・出雲崎

2023年6月13日(火)7時に家を出た、昨年秋に行った奥の細道ツーリングのパート2に出発。今回の予定は、1日目に先ずは、新潟県の出雲崎の芭蕉園に行き、そこから南下して親不知で1泊し、翌日、市振・倶利伽羅峠・那谷寺・山中温泉の鶴仙渓、最後に大津の義仲…

千曲川のウグイを食べる 長野旅の続き

スキー場での蕨取りを終えて、宿で少し休んで17時からこの日の晩御飯を食べるために宿を出る。本日の晩御飯は長野県上田市を流れる千曲川沿いにある「鯉西のつけば小屋」で、ウグイを食べるらしい、ウグイは釣れても捨てていた、もちろんウグイを食べるのは…

小布施で北斎に会い、スキー場で蕨採り 長野旅2日目

6月4日(日)朝4時に目が覚めた。未だ暗い。横を見るとSちゃんも目を覚ましている。宿の向かいにあるスキー場のシュナイダー碑まで2人で行く事にした。少々肌寒いので持参してきたノースフェイスのマウンテンパーカーを羽織って出発。宿の階段を降りる時、…

田植え反省会名目の恒例長野旅

2023年6月3日(土)6時30分自宅を出発、毎年恒例の長野・菅平旅行へ近所の方々、総勢5人と。心配していた季節外れの台風も東の海上に去り、雨も止んでいた。舞鶴若狭自動車道ー北陸自動車道ー中央道で長野に向かっていたが、とんだ所で台風の影響を受ける事…

ノルウェーの森ロケ地にガッカリ

2023年5月12日(金) 先日、30年振りに村上春樹の「ノルウェーの森」を再読した。前回読んだのは30才の頃?もっと前のような気もする。前回読んだ印象は?と言えば。上品なエロ小説のイメージしか無く、精神病院が舞台になっていたなぁ。って感じで面白かった…

春・晩御飯のおかず探しの旅 鳥取

2023年3月28日(火)花見をしながら、晩御飯のおかずになる物を求めて、鳥取県の岩美町に有る道の駅を目指した。家を出る頃は未だ肌寒かった。ジーンズで家を出たけど、皮のパンツにするべきだったと少し後悔した。道中の桜達は明日にでも満開!ってのが多か…